読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く野良母と中学受験

四谷大塚に通い中学受験した娘と母の記録。その後。

安堵の日々と複雑な親心

受験が終わった我が家のその後。


・膨大なプリントを廃棄(息子に活用出来そうなものは保存)
・予習シリーズを段ボールに移動(まだ捨てられない)
・預かっていたマンガを娘に返却
・息子のミニバス遠征引率を再開


・週末に友達を誘って神社めぐり(渋い…)
・半年間我慢していたマンガ新刊を買い漁り
・ピアノを再開
・録りためた大河ドラマを一気に鑑賞


半年間我慢していたことを一気にやり遂げた娘。なんと濃密な2週間…。

親は早起きと塾弁作りがなくなり、少し気が抜けている。受験期間に何日もお休みいただいたので、溜まった仕事を片付けるべく残業を再開。そうそう、そろそろ下剋上受験も見てみようかな。(受験前は内容がリアル過ぎてとても見られなかった)

塾からは「合格体験記」の原稿用紙を渡されているが、なんと5ページもある。3月には祝賀会というのもあるらしい。

しかしなあ。
辛うじて第二志望に合格できたものの、学校別コースに通っていながらその学校は不合格。(今年はコース生の6割が合格したそう)
所属校舎では娘以外のJ校志望者は全員合格したそうだ。

なんというか、筆も重いし気も重い。当の本人はとっくに吹っ切れているのに、親はまだ引きずってる…。

今週末は進学先のガイダンスがあり、そのタイミングで制服も購入予定。(届くのは3月) 靴も鞄もその日に購入するので、これで一気に進学する実感がわきそうだ。

うん、親もテンション上げていこう⤴