読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く野良母と中学受験

四谷大塚に通う娘とそれを見守る母の記録

第3回組分けテスト

先日の組分けテスト。翌日、学校の振替休日で友達とディズニーランドに行く予定だったため、さぞかし頭の中が夢の国のことでいっぱいになってるのではと心配したが、お楽しみは一切封印して組分けテストに挑んだ娘(本人談)。

結果は400点台前半でCコース。今回は平均点が高かったようでまたしてもSには届かなかった。本人的にはディズニーランドをバネに頑張ったらしいけど、Sの壁は高いなぁ⤵

組分けテスト直後の週テストでは、本人の苦手な理科、のなかでも特に苦手な電磁力が出題範囲だった。案の定、「もーやだ、分からない分からない、キー!!」と言って自暴自棄に。夫が根気よく教え込んだものの、苦手意識が強くてなかなか理解できない様子。今回の週テストは理科中心に勉強して臨んだものの、理科はギリギリ平均点を超えたくらい。得意なはずの社会はノー勉強だったため、ヒドイ点数だった。やはり敵は理科だ。

女子は物理が不得意な傾向にあるので無理に取り組まなくてもよい、と理科の先生に言われたのを思い出した。確かに、物理は切り捨ててほかの分野で得意意識を持たせたほうが断然良さそうだ。

物理と立体図形、この二大巨頭とうまくお付き合いしていく方法を模索せねば。