働く野良母と中学受験

四谷大塚に通い2017年と2019年に中学受験を終了した娘と息子と母の記録。その後。

息子

ICTすごい

息子が入学して1ヶ月。 最初の頃はシャツのボタンがしめられず(ボタンがきつめ)、ネクタイも上手く結べず、制服を着るのに30分はかかってました。いやー、まさか制服にこんなに手こずるとは…。クラスに馴染めるか、とか、勉強についていけるか、以前の問題…

闘い終了

今朝、息子は久し振りに(約2週間ぶり)学校へ。 昨日の試験の結果が気になりつつも、やはり友達にも会いたいようで、息子は揚々と出かけて行った。 母と父は合格発表を見るために学校へ。 最近はウェブの発表が主流なので、現地の掲示を見に行くのは新鮮だ…

闘いはまだ続く

1月はひたすら過去問を解き続ける日々。一冊終わらせて2周目に入ったところでやっと合格平均点を取れるようになった。まあ、2回目だから点が取れて当たり前なんだけど(むしろ満点取ってほしい) でも、今まで支離滅裂で全く点を取れなかった国語の記述問題…

ギリギリまで過去問と闘います!

相変わらず暫定第一志望の過去問の点数が取れてない…。数点レベルではなく、20点くらい合格平均点より下。き、厳しい… 親がこの状況に耐えられず、昨晩先生に受験校を変えるべきか相談したところ、「今の時期に変えてはいけない、何度も過去問を解き直して、…

過去問、苦戦

10月から取り組み始めた過去問、割と苦戦、いや、かなり苦戦 だいたい各校1〜3回分はやってるのだが、暫定第一志望のS付属はギリギリ合格最低点を超えたくらい。ほかの受験予定の学校は、合格最低点をギリギリ超えたか超えないかという感じ いや、どちらかと…

念願のコース昇格

Aコースでもがいていた息子が、先週の組分けで念願のBコースに昇格。何度言っても復習や課題をやらずゲームに没頭する息子に愛想をつかし、今回Bに上がれなかったら受験をやめようと話していた矢先だったので、首の皮一枚で繋がった感じ(^_^;)しかし、息子の…

新6年息子始動

息子、新6年生になり、本格的に受験勉強が始まった。「オレは受験しない」と宣言してたのに、娘の受験が終わったあと、「オレも受験する」と言いはじめた息子。 3年生から続けているミニバスの活動を抑え、5年生の夏休みが終わった後、一大決心して四谷大塚…